FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-13 16:00 | カテゴリ:PC関連

  うかつにもタイトルのSpyware Protectionなるものが勝手にインストールされ、何もできなくなる事態に遭遇してしまった。未だに有効な手段は見つかっていないが、検索しても大した有効手段(日本語)は書いていないので、注意点、応急処置方法などをここに記す。

※はじめに
・Spyware Protectionは単なるスパイウェアで、ウィルスではないので焦る必要はなし。
・Spyware Protectionの言うことは全て無視。


症状

・起動と同時にスキャンが始まる(これはフェイクなので焦る必要なし)
・ほとんどのソフトが以下のようなメッセージとともにブロックされる
..exe is infected by W32/Blaster.worm. Please activate Spyware Protection to protect your computer


タスクマネージャ(Ctrl+Alt+Delete)を開くと一瞬だけプロセスの一覧が表示されるが、そうするとDefender.exeが諸悪の根源だということが分かる。(もしかしたら異なるかもしれないので、タスクマネージャでメモリを消費しているプロセスを要チェック)


ここからは応急処置方法。

1 セーフモードで起動する。

  セーフモードでの起動方法は検索すれば簡単に出てくるが、基本は起動画面でF8ボタンのようだ。

2 Defender.exeを削除する。

  コンピュータのどこかにDefender.exeが存在している。短期間で正確に探すためにも、スタートメニューにある検索を使用する。この時、
※隠しファイル・フォルダも検索対象にいれること
  これをしないと見つかりませんので・・・。


これらが終わったら、通常モードで起動する。おそらくSpyware Protectionは起動しないはず。そして

3 レジストリを削除する
  
  スタート→ファイル名を指定して実行→regedit
おそらく
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
にSpyware Protectionのレジストリが残っているので、これを削除する。


  以上で応急処置は完了。これが正しいのか否か全く分かりませんが、今現在はこの応急処置をして30分程度経過したところ。忘れないようにとメモをこうして記している状態です。現在は全く異常なし。これからウィルススキャン等する予定。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://nb55rtfrancaisshogi.blog135.fc2.com/tb.php/70-948f10ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。