FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-12 22:36 | カテゴリ:NB55 R/T

  先月の終わりに突然、ノートパソコンのバックライトが点灯しなくなってしまい、画面が真っ暗になってしまった。主な症状は以下の通り。

A バックライト以外は正常に作動
B スイッチを押して、1秒程バックライトが点灯する(必ず)。

Aだけだと、単にバックライト、あるいはインバータの不具合となるだろうが、Bがあるので断定はできない。
ちなみに、スイッチとは、ノートパソコンを閉じたときにバックライトを消すスイッチのことである。この機種、NB55R/Tの場合、録画ボタンの上部にある突起物がそれに該当する。
 正式名称が結局なんなのか不明だが、マイクロスイッチだとか、開閉スイッチ、開閉検知スイッチ、LCDスイッチ、マグネットスイッチ、などグーグルで検索すれば多種多様な名称が出てくる。

 実を言うと、当方のパソコンは展示品として格安で購入した後、一年も経たないうちにこのスイッチに異常が発生した。異常といっても、パソコンを閉じてもバックライトが消えないというものであった。これの対策のために、液晶部分とキーボード部分の間にモノを挟みスペースを埋めた。これにより、問題は一応解決した。常々、これをしていたので、もしかしたら今回の件に影響があったのかもしれない。

  それはさておき、以上のA,Bを満たす症状に遭遇してしまった。一番疑われるのは、このスイッチの故障であるが、バックライト、インバータの故障・不具合の可能性もある。何はともあれ、このスイッチの内部に潜入するために、PCを分解することにした。

  今までもファンの掃除、メモリ交換、HDD交換のために何度も分解したが、今回の分解は遥かに難易度が高く、さらに機械慣れしていない私にとっては骨が折れる作業となった。そんな私がアドバイスしたいのは、
「楽をしようと思うな」
ということでしょうか。一見、楽に外れそうな部分も実はそう簡単にはいかない所が多かった。よって、外せるネジは面倒くさがらずに全て外していくのが近道。

  さて、問題のスイッチに到達したわけだが、結局何が問題なのか分からなかった。スイッチ自体は難しい構造ではなく、小さなバネが付いた簡単なスイッチである。おそらくは、基板の方に問題があるのだろう。正直、異常があるのかないのかさっぱり分からなかった。
  なお、スイッチだけを外すのであれば、キーボードを外すようにすればいいので、パソコンをひっくり返してネジをあぁだこうだする必要はない。基板は全てネジを外さないと取り出せない。

  
  ということで今度は液晶部分を分解してみることにした。キーボード上部を外し、ネジを4個外せば液晶部分が外せる。ということで順調にネジを外していくが、いよいよ液晶画面だけになったときに、穴が潰れたネジに遭遇した。これを手持ちの道具では外すことができず、結局最深部に立ち入ることができなかった。まさに骨折り損のくたびれもうけである。
  と言いたい所だが、なかなか貴重な経験をしたと思っている。自作のPCなどを作ってみたいと思うようにもなった。


  ということで、結局どうすることもできなかった。それどころか、スイッチをあれこれしている時にバネが吹っ飛んでしまい、結局見つけることができなかった。それゆえに、アクセスランプ等が点灯しなくなってしまった。HDDへのアクセスランプ?は点灯するようである。それとMODEボタンの右側にあるApplication部分のランプが点灯しているくらいだ。まぁランプがなくても影響はないけれども。

  とこうして今、駄文を書き終えたのだが、バックライト不在のなか書いてるわけではなく。外部ディスプレイ、外部モニタを利用して書いている。今度はそのことについて言及する。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://nb55rtfrancaisshogi.blog135.fc2.com/tb.php/68-18286c1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。