FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-31 15:16 | カテゴリ:将棋関連
  右欄の将棋中継 一覧は文字数制限等あって、特に女流騎士の「女流○段」の女流など省いて書いてあることがありますが、あしからず。

  中継を予定を知る手段というのは多々ありますが、とにかく将棋連盟のページは重くて見る気にもなれず、いいつも渡辺竜王のブログにて確認するような現状です。ならば自分で作ろうと思い、右欄ができました。スペースが限られるのが難点ですが。まぁ、一人でも多くの助けになればと思いますが果たして。
※随時、変更等あると思いますので、その点はご了承下さい。


今後の中継・放送等。リンクは右欄からで。

8/3(火)4(水)9:00~   王位戦第3局 深浦王位-広瀬六段
  第3局は広瀬六段の先手番になります。第2局で穴熊を攻略された広瀬六段の戦法に注目。

8/8(日)日レスインビテーションカップ
          第4回女流棋士トーナメント 準々決勝・準決勝一斉対局

石橋女流四段-鈴木アマ 中井女流六段-渡部TJP
山下女流五段-新藤アマ 船戸女流二段-中倉初段

  大会前にいろいろと例のゴタゴタ劇があった大会ですが、林葉直子登場で沸きました。まぁ私自身はどちらの立場でもなく、争いが収まるのをただ祈るのみです。
 
8/9(月)10:00~ 竜王戦本戦準決勝 久保二冠-丸山九段
  いよいよ竜王戦も準決勝まで進みました。去年の今頃は写真等をみて病気なんじゃないか?と思わせた丸山九段もいつのまにか復調して、らしい成績を収めています。対する久保二冠はスケジュール的にもこの竜王戦に力を入れることができるんじゃないでしょうか。現在、丸山九段に対して久保二冠が三連勝中です。

8/10(火)・11(水)9:00~ 王位戦第4局深浦王位-広瀬六段
今年もやってまいりました。深浦王位の地元、長崎県は佐世保での王位戦第4局。深浦ファンと木村ファンは、あの封じ手4五桂を決して忘れないでしょう。まさに運命を決する一手となってしまいました。今年はどんな対局になるのか注目。

8月のNHK杯は熱い!
8/1(日)NHK 10:20-12:00    堀口一七段-清水女王将
解説 佐藤 康光九段
8/8(日)NHK 10:25-11:54 行方八段-村山五段
解説 羽生 善治NHK杯
8/15(日)NHK 10:25-11:44   高橋九段-三浦八段
解説 木村 一基八段
8/22(日)NHK 10:20-11:49    藤井九段-山崎七段
解説 福崎 文吾九段
8/29(日)10:20-12:00      森内九段-鈴木八段
解説 島 朗九段


何か夏休みに照準を合わせてきたかのように豪華な解説陣です。上の三人はもちろんですが、笑いありの福崎九段も好きですし、島九段の丁寧な喋りもなかなか良いです。
もちろん、対局者も女流~若手~ファンタジスタ~永世名人~ベテランともの凄い豪華です。個人的には、なぜか憎めない堀口一七段と、もう一花咲かせてほしい高橋九段を応援したいところですが。収録済みうんぬんはさておき。

将棋に関する放送 1件
2010/08/07 20:00~20:55 BSフジ・181
竜人戦  中谷選手権VS米沢八段

もとい   警部補 古畑任三郎 第5話「汚れた王将」
が放送されます。まだ見てない人はどうぞ。私は2回くらいみましたかね。将棋を知ってる人間がみると違和感丸出しの場面もありますが、楽しい作品だと思います。
スポンサーサイト
2010-07-31 14:10 | カテゴリ:PC関連
  少々長いタイトルになってしまったが、このPCを初期化する度にこの問題を解決するためネット検索をするという悪循環に陥っているので、メモとしてここに記す。もし検索等でこのページが引っかかって助けになってくれたら幸いである。

  タイトル通り、拡張子AVIのファイルをエクスプローラー上で右クリックすると非常に重くなる。タスクマネージャで確認するとCPU使用率が案の定100%になっている。他の拡張子はまるで問題ないのに・・・。

  理由はどうしてかよく分からないが、収まれば官軍ということでその手順を。

ファイル名を指定して実行 regedit と入力  →するとレジストリ エディタなるものが開く。
HKEY_CLASSES_ROOT  →  CLSID  →{87D62D94-71B3-4b9a-9489-5FE6850DC73E} を選択

87D62D94-71B3-4b9a-9489-5FE6850DC73Eのファイル名を変更→先頭に;を入れる(なぜ半角のセミコロンなのか不明ですが)

すると収まります。まぁググれば出てきますが。ちなみに再起動しなくてもタイトルの問題は治りました。このレジストリをいじることで、AVIの諸問題が解決するようです。問題がある人はぜひ。

※レジストリの変更は自己責任でお願いします。
2010-07-31 13:32 | カテゴリ:競馬と外国語(仏・西)
  今週の重賞はどうやら小倉記念のようだ。もう競馬に興味を失って3~4年くらい経つのだろうか。それでも大きなレースや、気が向いた時は中継をみている。
  小倉中継と言ったら、高橋源一郎にアタック25の問題呼んでた人に川崎アナ。関西放送の中継がなくてショボーンとなりそうなところだが、この九州の放送もまったりしていて悪くなかった。
ところで私的に関西放送と言えば、アシスタントの高木美保と水野麗奈だが、れなちゃんが渡辺騎手と結婚した時にはとても驚いた。去年一番のニュースだったかもしれない。渡辺騎手といえば、初めてTVで見た時に"なんてイケメンなんだ"と嘆いたものだ。

  小倉記念にはあまり思い出はないが、ロサードの58キロはダメということを認識させたレースというイメージだ。
ロサードはちょうど競馬というものに興味をもった年にデビューした馬で、多少なりとも思い入れがあった。ただ、テープが擦り切れるほど見た朝日杯で惨敗した時点でリザーブユアハートと同格でしかみてなかった。まぁその頃はバラ一族なんて言葉も知らなかったし、とにかく大した注目もしてなかった。その後の注目馬もアドマイヤコジーンにアドマイヤベガ、年が明けてナリタトップロードの3頭だった。コジーンは早々に骨折リタイアとなったが。ロサードのことなどすっかり頭から消えていた。
  ところがしかし、3強対決で盛り上がったダービーでまさかの6着になって自分としては結構驚いた。その後はG3の大将として活躍することになるのだが、前年58キロで負けた小倉記念を再度制して力を見せた2003年が一番印象に残っている。そんなレースが小倉記念。
  
  今年の出走表を見たけどさっぱり分からない。パッと見、かなり難解そうだ。それに競馬から離れているおかげでさっぱり分からない。それでも何か書いてみる。

5枠10番 アルコセニョーラ
  
  セニョーラ=señora(文字化けするかもしれません)はフランス語で言えばmadame(マダム)。ご婦人方を呼ぶ際にはこの言葉を。
対してseñorita(セニョリータ)は女の子やら独身女性に。
フランス語はmademoiselle。そういえばマドモワゼルドパリなんて馬がいたような。条件馬でも中京で走った馬は簡単には忘れませんよ。

6枠12番 メイショウレガーロ 8枠18番 ニホンピロレガーロ

  レガーロ=regaloもこれまたスペイン語でプレゼントの意味。男性名詞。
フランス語だとcadeauですかね。同じく男性名詞。この言葉を聞いて真っ先に浮かぶ馬はローランジェネルー。父親の名前がCadeaux Généreuxですので。語尾にxがついてますが、これは複数形を表します。通常は英語同様sですが。特定の語尾に関してはxとなります。

 来週の重賞は
8日(日) 2回函館8日 函館2歳ステークス(GIII)芝 1200m オープン
8日(日) 2回新潟8日 関屋記念(GIII)芝 1600m オープン
土曜日には、みなみ北海道ステークスもあるようですね。来週の重賞にも自分の専門言語であるフランス語の馬とスペイン語の馬が出ることを祈ります。
2010-07-31 01:59 | カテゴリ:将棋関連
  藤井九段が10年ぶりのタイトル挑戦を決めるのか、あるいは深浦王位が棋聖・王位・王座と3連続のタイトル戦となるのか、非常に注目が集まった今日の一戦。そして藤井九段が居飛車、振り飛車のどちらで戦うのか、これも非常に注目でした。
  先手が藤井九段、7手目▲4八銀で居飛車宣言。対する深浦王位も、こちらの土俵といわんばかりに、時間を使わずに手を進める。
ouzatyo1.jpeg

  第1図は深浦王位が飛車先の歩を手持ちにし、先手の藤井九段は▲4五歩~▲6五歩とした場面。飛車先を交換した場面では深浦王位が得をしたような印象があったが、しかし藤井九段の4筋からの攻め、そして角道を通した歩突きにより先手が主導権を握る展開となった。
ouzatyo2.jpeg

  その後、藤井九段は前進攻撃で深浦陣に迫る。対する深浦王位は陣形整備に手を費やす。藤井九段の確実な前進によって深浦陣は一気にバランスを崩し迎えた59手目、藤井九段が▲5六歩とした第2図。右金がここまで引っ張り出され、この歩を交わせば飛び道具が一直線に深浦陣を睨むことになってしまう。もはや藤井勝勢という場面であった。
  その後は藤井九段がジリジリと深浦玉に迫り、97手にて先手藤井九段が勝利した。以下は投了図。
ouzatyolast.jpeg


  藤井九段の居飛車というと、NHK杯での丸山戦(結果は負けてしまったが)など比較的良い印象がある。逆に振り飛車・四間飛車になると穴熊にして手詰まり状態で早々の投了ということが何度かあったせいか、あまりいい印象がないのが本音。
 そして今日の一局は本当に素晴らしいものであった。香車と左桂以外、全ての駒が活躍していた。特に角の働きはアッパレであった。この角の睨みだけで藤井軍の士気が高まったといっていいかもしれない。この角が取られた時には、もはや後手は形作りといっていい場面となっていて最後の最後まで活躍した印象。
 まさに完勝といっていい内容だった。今日のような将棋を王座戦でも見せてほしいところである。全て居飛車の将棋を期待したい所だ。
  

  逆に応援していた深浦王位は非常に残念だった。感想戦でも言っている通り、得意の攻め将棋が見られずまるでいいところがなかった。相手の出方を伺っていたら、時既に遅しというような状態だった。相居飛車の将棋になって、それはこちらの土俵ですよ、と堂々とし過ぎたのかもしれない。何かカウンターがあるんじゃないかと、去年の順位戦の深浦-渡辺戦のような8筋強襲を願ってはいたものの、相手に廻しをとられてはさすがの深浦王位もなす術がなかった。
  8月3日(火)から行われる王位戦第3局ではぜひとも勝利してもらいたいところである。

  右欄、中継予定に
8/8(日) 
日レスインビテーションカップ・第4回女流棋士トーナメント 準々決勝・準決勝
を追加。
2010-07-30 01:11 | カテゴリ:ダイエット・運動
  プロフィール等にもあるようにダイエット中なのである。
中学の頃はかなり痩せていて、体重が増えないことを心配していた位なのだが、 部活をやめてから一気に10キロ程体重が増えた。ものの1ヶ月~2ヶ月程度だ。元々大食漢なのだが、部活で毎日延々と走っていたおかげで全く体重が増えなかった。部活を止めてからも同じ量を食べていた為体重が増えてしまった訳だ。

  今では中学と比べて20キロ程増えた訳だが、見た目はあまり変わらない。そう、腹回りにもっさり脂肪が付いてしまったわけだ。これは見苦しいということで本格的にダイエットを始めたのである。

  実はこれまでも何度かチャレンジしたのだが、その度に挫折。今回は少しばかり趣向を変えて、走れる体を作ろうということを目指している。具体的に言えば、ある一定の区間をタイム計測しながら走る。そうして早く走れるようになったとき、自然と体も痩せているだろうという考えだ。
  もちろん、これだけでなく、食事制限もしている。朝はシリアル、昼は食べるならバナナ、空腹時には水、お茶、アイスコーヒー、牛乳等、夜はもやしを主食に、たまねぎ、ピーマンきゅうりレタス等の野菜を油なしで炒めたり、にんにくおろし+酢のみのドレッシングで食べる。それに魚が加わる程度だ。お米は食べない。

  無理なダイエットと言われるかもしれないけど、今のところまぁまぁ快適に過ごしている。空腹感は否めないが、それが心地よくもある。空腹時はアイスコーヒーに牛乳をいれて飲むのだが、それがまたおいしい。空腹感を和らげてくれる。そんな生活を始めて3週間近くになろうとしている。以下のグラフは体重を測定し始めた日からの体重の変化である。
weight


  はてなブログを使ってみたが、仕様上、日ごとの数値は載せられないようだ。まぁいずれにしても、ここまで順調に体重は減ってきているようだ。腹回りがなかなか減らないのが悲しいところではあるが。それでも、今日久々に測ったら数センチ減っていた。これも長い目で見なければならないようだ。
  ランニングの方も、だんだん速く走れるようになってきた。速くと言うよりはむしろ、楽に走れるようになってきたと言った方がいいのかもしれない。初めの頃は止まることも多かったが、最近はあまり止まることなく走れるようになってきている。
  これからも続けていきたいところだ。

2010-07-29 02:00 | カテゴリ:将棋関連
将棋王位戦、深浦が勝ち五分に

7月28日19時52分配信 産経新聞
 将棋の深浦康市王位(38)に広瀬章人六段(23)が挑戦している第51期王位戦七番勝負の第2局は、27日午前9時から札幌市の「ルネッサンスサッポロホテル」で行われ、28日午後7時12分、135手までで先手の深浦が勝ち、対戦成績を1勝1敗とした。第3局は8月3、4の両日、神戸市の「中の坊瑞苑」で行われる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000596-san-soci

  第1局は棋聖戦、順位戦での調子の悪さがそのまま出たような将棋だった。今回の第2局は後手番の広瀬六段の四間穴熊に対して、再度居飛車穴熊で挑むのか否かが注目された。
  広瀬六段は予想通り四間穴熊の体制に。先手番の深浦王位は9六歩から6六角と端攻めに打って出た。さらに穴熊の急所とも言える8筋の歩を伸ばす。その後、右辺でも抑え込まれた広瀬六段は中段の歩を進出させて打開策を練る。
oui2-1.jpeg

  歩得な上に、6四の金が角道をとめている上に、浮いている状態。この瞬間、深浦王位がいわば基本的な端攻めを仕掛けた。対して広瀬六段は飛車の横利きをとめて角頭に狙いを定めた。
oui2-2.jpeg

  すると、すかさず深浦王位は▲9三角成と一気の攻めを見せた。王位らしい強気の攻めだ。今までと違うのは負けパターンの無理攻めではなさそうなところ。こういう展開になると深浦王位は勝ちを逃さない。その後、広瀬六段の△9二歩の辛抱、深浦王位の香車二段ロケットなどのやりとり。穴熊は崩壊し、玉は一足早く8一と脱出。戦場は右辺へと移る。
oui2-3.jpeg

  3図は飛車・角の両取り。ここで銀桂交換をし、△8六桂に戦場から遠ざかる▲6九玉。一段落して深浦王位は銀で飛車と角を咎めに出る。対して広瀬六段も持ち駒の香車、そして角打ちで応戦する。
oui2-4.jpeg

  4図は△5二角で飛車を抑え込もうとしている場面。これに対して深浦王位は惜しみなく香車を投資。広瀬六段は長考して成銀を払った。その代償に竜を作らせる結果になったが、△3二銀で竜を抑え込む。
oui2-5.jpeg

  竜が逃げていては話にならないと竜と角の交換に出たのが第5図。ここで深浦王位は相手の攻め駒を咎める▲8七歩。自玉を安全にする一手。飛車打ちも耐えられると。もはや攻めるしかない広瀬六段は△4九飛車打ちから△8四桂と打って出た。
oui2-6.jpeg

  相手の攻めがはっきりしたところで、浮いた金と相手玉を狭くする▲5三角の一撃。金を見捨てて△7六桂と飛車のコンビネーションで攻め立てるも、最後は深浦王位が慎重に寄り切ってみせた。
oui2-last.jpeg


  この1局を振り返ると、序盤の深浦王位の構想が見事はまった形になった。がっぷり四つに組んで、最後は見事に寄り切った。ここまで棋聖戦~王位戦第1局まで見てると、四つに組んでいない状態から仕掛けての敗戦が多く、深浦ファンの私としては非常に心苦しかったが、今日の将棋は深浦王位らしい将棋だったと言える。渡辺~羽生を倒した広瀬六段の勢いを第2局で止めることができたのは非常に大きいと思う。去年を思えば尚更である。
  そして、右欄にもあるように、金曜日には王座戦挑戦者決定戦、対藤井猛九段戦が控えている。厳しい日程だが、去年に比べればそれほどでもないし、その去年も久保現二冠を破っているのでこれ位問題ないだろう。相手の藤井九段はファンが多いことで有名だが、私は深浦王位に再度羽生名人に挑んでもらいたいと願っている。
  
  今回、初めて将棋に関するこのような駄文を書いたが、対局をより考えるようになって何らかのプラス作用が出そうな気がする。今後も続けていきたいところだ。
2010-07-28 16:07 | カテゴリ:PC関連
インターネットの速度を測定するサイトは数あるが、その中でも
ブロードバンド スピードテストhttp://www.bspeedtest.jp/はおそらく人気のサイトであろう。

というわけで測定してみると
下り受信速度: 9.2Mbps(9.24Mbps,1.15MByte/s)
上り送信速度: 9.3Mbps(9.32Mbps,1.16MByte/s)
診断コメント: commufaの下り平均速度は47Mbpsなので、あなたの速度は少し遅い方ですが、もし無線LANを使用している場合は問題ありません。(下位から20%tile)


となる。少しじゃなくてだいぶ遅いでしょ、と突っ込みたくなるが、時と場合によっては遅いというメッセージもでる。おまけに無線LANは使用していない。

困ったものである。ということでRWINを増やす方法が下に書いてあるわけだが、もちろん私もその方法を試した。
具体的にはDr.TCPNetTuneの使用だ。それを試して数年後のつい最近、RWINが反映されていないことに気づいた。
というわけで早速ネット上を彷徨い、レジストリを変更させるという方法を見つけ実行した。しかしそれでも変わることはなかった。
どうすればいいんだと、再度彷徨った結果、カスペルスキー7.0が影響していることをつきとめた。しかしこれといった対策がないようなのだ・・・。
試しにカスペを一時停止させて計測させてみると、なんと40Mbps近い数値を得ることができた。おそらくこの数字でも遅いと感じる人が多いだろうが、私にとってみればかなり高い数字。

現在インストールしているカスペルスキーはもうすぐ期限切れとなる。これを契機に新たなセキュリティソフトを導入しようと検討中だ。
どれを買おうか迷うところではあるが、今回カスペルスキーは見送らせてもらう。例え新ヴァージョンではこの問題が解決されていたとしても。
2010-07-28 11:10 | カテゴリ:NB55 R/T
わがPC、NB55R/TのHDD交換、そしてメモリ増設という2大作業+その他を終えた結果どうなったかをここに記したい。

<スペック>
シリーズ名 FMV BIBLO
メーカー 富士通
型番 FMVNB55RT
商品名 FMV-BIBLO NB55R/T FMVNB55RT
CPUシリーズ Celeron M
クロック周波数 1.5GHz
メモリ 1.5GB
ハードディスク 320GB

タスクマネージャ上のプロセス数 17 (セキュリティソフト関係2を含む)
電源ボタンを押して起動が完了(アクセスランプが落ち着く)するまでの時間 1分20秒
終了オプションの電源を切るを押して電源が落ちるまでの時間 20秒
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ざっとこんなものか。プロセスはおそらく何もしない時に比べて半分くらいになってると思う。
起動・終了の時間にも不満はない。ただ、これらはメモリ増設やHDD交換の恩恵ではないと思うが・・・。

HDD交換をしたことによって変わったことは容量くらいで、速度が上がったとか軽くなったとは思わない。
同様にメモリ増設も速度アップを体感した、とは大声ではいえない。
ただ、実際には上がっているのだろう。そもそもメモリを増設した理由が3Dゲームを行う為であった。
ゲームについては後述するが、初期のスペックでそのゲームを行ったところ、動作が半端なく遅くプレイする気力さえ奪う程であった。
よって、メモリ増設をしたわけだが、その結果、動作は依然として遅かったが、プレイできるレベルになった。
つまりゲームをするような状況でメモリ増設の恩恵というものを体感した訳である。

正直言って、普通のこと、例えばインターネット等している限り、このPC早いなぁと思ったことは一度もない。やはり何年の前のPCではこの程度なのかと実感する日々だ。


メモリ、HDDと終わった今、残るはCPUとなったか。しかしこれに関しては全く情報がなく、またネット上を彷徨うことになりそうだ。
2010-07-27 21:54 | カテゴリ:将棋関連
世の中には将棋中継なるものがあり、リアルタイムでプロ棋士の対局を観戦することができる。右にあるリンク先では誰でも気軽に将棋中継をみることができるので、ぜひともプロの対局を見ていただきたい。スペースの都合上、最小限の情報になってしまうことをご了承頂きたい。
なお中継といっても、棋譜=手順をFlashやJavaにて再現するだけで、対局者を映すようなTV中継はない。今行われている王位戦では、対局者を写すカメラが一定時間ごとに更新されていて、多少なりとも対局上の雰囲気を味わうことができる。


今後の中継予定を以下にざっと並べてみる

7/27(火)・28(水) 王位戦第2局 深浦王位-広瀬六段
第1局は挑戦者の広瀬六段が快勝。続く第2局も前局同様に居飛車穴熊VS振り飛車穴熊となるかと思いきや、深浦王位が9筋、8筋を攻め立てる構想に出た。深浦王位の攻めが炸裂するのか注目。

7/28(水)10:00~ 竜王戦本戦準々決勝 久保二冠-郷田九段
実力者同士の一戦。遅刻・不戦敗から準々決勝まで辿り着いた郷田九段に注目したい。

7/28(水)13:00~ 日レスインビテーションカップ2回戦 中倉女流初段-林葉直子
ある意味大注目のカードといっていいだろう。様々なスキャンダルで話題となったかつての天才少女が突然の登場。どこまでやれるのか楽しみな一戦。

7/30(金)10:00~ 王座戦挑戦者決定戦 深浦王位-藤井九段
今期不調といわれながらも棋聖戦に続いて、この王座戦も挑戦者に名乗り出ようとする深浦王位。棋聖~王座戦と3タイトル連続登場となるのか。そして宿敵羽生名人に棋聖戦でのリベンジを果たすのか。
はたまた、一時期の不調から脱した感のある藤井九段が数多くのファンの期待に応えるのか。大注目の一戦。

7/31(土) 王座戦女流騎士一斉対局
阿部四段-甲斐女流二冠
佐藤四段-里美女流名人
牧野四段-清水女流王将
吉田四段-石橋女流四段
8/3(火)4(水)9:00~ 王位戦第3局 深浦王位-広瀬六段
2010-07-27 18:31 | カテゴリ:NB55 R/T
メモリの増設はかなり前に行ったので、正直それほど覚えていない。
しかしながら、それほど難しいものではなかったのは覚えている。

<メモリ購入>
様々な選択肢があると思うが、どのメモリがこのNB55R/Tに適合するのか私のようなPC初心者では判断できない。
ということでネット上をさまよった結果、バッファローの対応検索に辿り着いた。

このページの手動検索にて
調べたい機器;メモリ
メーカー名;富士通
型番;nb55r/t(大文字でも○)
タイプ;ノートパソコン
と入力すればこちらのページに辿り着く。

すると対応するバッファローのメモリが6個出てくるわけだが、もちろん1Gを選ぶ。
D2/N667-1Gがいいのか、D2/N533-G1Gがいいのか、全く分からないが、より良さそうな物をということでN667を購入することに決めた。
今改めて調べたところ、N533でよかったようです。
ちなみにこのPCに適するメモリはDDR2 SDRAM PC2-4200 というものらしい。N667はそれよりも高い基準のようだが問題ないようだ。詳しくはこちらの質問にて


バッファロー以外のメーカーでも対応するメモリは存在するだろうが、バッファローには特に不満もないので、これ以上は検索しなかった。

なお、NB55R/Tでは最初からついている512MBのメモリを取り外すことはせず、新たなメモリを増設するのが一般的のようだ。増設後は、当然512MB+増設されたメモリの容量がPCの新たなスペックとなる。

<メモリ増設作業にとりかかる> ※ドライバ等不要
富士通のサポートページhttp://azby.fmworld.net/support/にて、作業の方法を動画でチェックした記憶があるが、私の環境下では重たすぎるのか開けないので省略。
こちらのPDFの137ページからメモリ増設方法が図で載っているので参考にされたし。

単純に言えば、ESC F1-12ボタンの上の箇所を左にスライドさせる。すると、キーボードを上にスライドでき、持ち上げることが可能になる。
するとフィルム?を一枚隔てて空きスロットル(メモリを入れる箇所)を発見することができる。後はカチっとはめ込むだけで作業完了となる。

その後、マイコンピュータを右クリック→プロパティにて1.50 GB RAMに近い数字になっていれば成功である。
私のPCでは1.43 GB RAMとなっている。減っている部分は他所で使われいると考えればおそらくいいでしょう。

次回は、メモリ増設、HDD交換、サービスの停止等を終えたPCの現状について少々。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。