FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-16 14:53 | カテゴリ:サッカー

闘莉王“恩返し”弾!名古屋が初の首位に

8月15日7時52分配信 サンケイスポーツ
 J1第18節第2日(14日、名古屋3-1浦和、豊田)名古屋は同DF田中マルクス闘莉王(29)、同FW玉田圭司(30)で3点を奪い、浦和に3-1で快勝。勝ち点38として今季初の首位に立った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100815-00000015-sanspo-socc



  もはや日本代表の試合しか観ないニワカサッカーファンであるが、かつてはそこそこのサッカーファンだったと思う。当時はJリーグ開幕ということもあって、自分の周りではJリーグチップスのカード集めがドラゴンボールのカードダスに変わって人気となっていた。私はカード集めよりも、友達のチップスのおこぼれを頂戴する方が楽しみであったわけだが。

  そして親が某選手の熱狂的ファンになり、遂にはグランパスの会員になってしまう始末であった。当時はなかなかのサッカー熱だったかもしれないが、本題のグランパスといえば本当に弱かった。唯一、浦和レッズ戦だけは優越感に浸れたものだがが。
ジーコ&アルシンドの鹿島にはボコボコにされ、横浜フリューゲルスの前田にも相当苦労させられたという記憶が今も残っている。


  先日、深夜にTVをつけると、地元のTV局が開局60周年やらなにかで特集番組を放送していた。ググってみると

「グランパスTV+SPピクシーが語る名場面」


という番組のようだ。自分が見た範囲での番組内容は、ユーゴスラビア時代から現在までを追ったドキュメンタリーといったところか。なかなかいい番組だったので全国放送なり再放送などするべきだと思うのだが、どうなるんでしょうか。

  かつては光り輝いていたストイコビッチはケガなどにより、日本へと都落ちした。しかし所属チームであるグランパスはボロボロの状態、ストイコビッチもイライラが募る日々。そんな中でベンゲル監督就任となり、ストイコビッチは日本で再度輝きを取り戻す。

  こんな話だったでしょうか。久々にTV番組に見入ってしまった。やはりストイコビッチのプレーは一味も二味も違う。日本の馴れ合いサッカーしか知らないような自分にとって、当時のストイコビッチというのはまさにスーパースターであった。

  それから10年ほどたって、グランパスもいつしか読売巨人軍化してしまったようだが、それでも地元民としては優勝を願っている。
そして、難航している日本代表監督には、いつしかストイコビッチに就いてもらいたいと思っている。Jリーグ史上最高の助っ人ですから。ただジーコのように責められるところはみたくはないが・・・。
  最後に動画を貼り付け。こんなことがあったなんて全く知りませんでした。サッカー熱がない証拠でしょう。スーツに革靴であのプレー、まさに弘法筆を選ばずといったところでしょうか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。